Diary,report,log

nozomin WEB Site

2016年12月30日

フレーズ論@

座学的な音楽というのはどうも苦手で色々な勘違いをしていましたが、今年は自分のドラムを、多少座学化、理論化してみました。
僕がドラムをアレンジする時、大体は独自の理論に従ってバーーッと一気に作っちゃいます。
理論というと大層な感じがしますが、要はこうすればこうなる、あーすればあーなる、踏み外すと違和感が残る、これを自分は好みとする、無意識にコレは避けてる、みたいな、経験のデータ化、感性の視覚化の事です。
もちろんコレをやるには誰かのドラムを理論化することも大事です。
誰かを心酔しすぎていたり、自分に酔っていたらできません。

でもこれができると、一週間かかったアレンジが同じクオリティで三時間で出来たり、コピーをするとき間違えても本人ぽいミスになったり、不思議なことが起こるようになります。


この自分の理論が「教科書」になるのか、「おっさんの妙ちくりんなこだわり」になるのかは、頑張り次第ですね(._.`)笑

もし教科書になることができたら、その時はタイトルを「フレーズ論T」とでもしよう…。

【Logの最新記事】
posted by nozomin at 04:58| Comment(0) | Log
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の記事
検索ボックス